気が付いたら嫁も子供もいなかった・・・

名古屋市西区で働く50歳の○○士!

ノート

便座のウォシュレットが止まらない

更新日:

三ヶ月ほど前、トイレの便座に取り付けられたウォシュレットを使用した際、ノズルから出る水を止めるスイッチを押しても止まりませんでした。
仕方なく、便座に腰掛けたままの状態で手を伸ばし、コンセントのプラグを抜き、ノズルからの水を止めました。再起動をかけ、様子を見ることにしたものの、うちの母や父がそのあと使用した際にも同様の症状が起こり、トイレから大声で呼ばれて、ノズルの水を切らされることが数回続きました。
使用開始から約10年ほど経過していることもあり、馴染みの電気店を呼んでみてもらうと、機器の寿命だから交換した方が良いということになりました。
ところが、便座自体もガタがきているらしく、ウォシュレットの異常からトイレ全体をリフォームすることになりました。工事自体は、約半日で済んだのですが、突発的な費用に不意を突かれました。その際、高齢の親の体の動きも悪いため、柱にラバークッション材を入れてもらい、扉も蛇腹式の開閉タイプに変更してもらったことも高額になる原因となったトイレのリフォーム体験になりました。

トイレリフォームの前に要チェック

トイレリフォームをするという方、必ずそれをする前に要チェックなことがあります。

それは、公衆トイレの場所です。
公衆トイレではなくても、家の近くのスーパーでは、きちんとトイレが完備されているか、そして、コンビニでもトイレが自由に使えるのかということをチェックしておきましょう。

というのも、トイレリフォームをする場合には、トイレを取り除いて、その後に、壁紙を替えたり、床を張り替えたり、さらに、新しいトイレを設置したりと、半日くらいは時間がかかってしまいます(もちろん、業者や状況によってその時間は前後しますが)。

ですので、その間にトイレができないということもありますから、トイレに行きたいとなった時に、それができる場所を確保しておかなければいけません。
なので、家から近いトイレの場所をきちんと把握して、商品を購入しなくても使えるか、そして、人の流れについても見ておくと、スムーズにトイレに行けるはずです。

トイレリフォームについてはトイレリフォーム最前線がとてもわかりやすくまとめられています。おおまかな費用や、ケース別にも解説があるので、とてもわかりやすいですよ。

-ノート

Copyright© 名古屋市西区で働く50歳の○○士! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.